生産本部-久留米工場が厚生労働省より「快適職場推進計画」について認定をうけました

平成4年に労働安全衛生法が改正され、快適職場作りが事業者の努力義務とされました。
職場の快適性が高いと職場のモラールの向上、労働災害の防止、健康障害の防止が期待できるだけでなく、事業活動の活性化にも良い影響を及ぼします。これを推進するために「作業環境の管理」「作業方法の改善」「労働者の心身の疲労の回復を図るための施設・設備の設置・整備」「その他の施設・設備の維持管理」の4つの指針を中心に計画をたて推進します。
弊社はこの趣旨に沿った計画で厚生労働省より、2004年8月18日に認定を受けました。