茨城県リサイクル建設資材評価認定制度取得

 「茨城県リサイクル建設資材評価認定制度」とは、資源循環型社会の構築を目指し、茨城県の公共工事でリサイクル資材を積極的に活用するためのリサイクル資材の評価・認定制度です。高品質なコンポストを供給し、市場の活性化を図ります。
~茨城県土木部検査指導課ホームページ~

「エコ・プロジェクト」スタートしました。

国がバイオマス推進をしておりますが、当事業所は既に下水汚泥(廃棄物系バイオマス)の堆肥化を10年間行ってきました。
新たなチャレンジとして「菜の花」(資源作物)のバイオマス活用を推進して、地球温暖化防止と循環型社会の形成に努力していきます。
参考:「バイオマス情報ヘッドクォーター」http://www.biomass-hq.jp
今回、事業所周辺1,500㎡に種をまき栽培します。
菜の花でBDF(代替燃料)を精製することが目標です。
27-1 27-2

8/28(日)「足尾グリーンフォーラム」開催

 栃木県足尾町で植林を行なっている「NPO法人・足尾に緑を育てる会」の年間行事の一つで、緑化活動についてのシンポジウムや盛り沢山なイベントが予定されています。
足尾に緑を育てる会は、足尾銅山の煙害や山火事などで荒廃して緑を失った山に、10年前から植樹を行ない、小学生などに対しての環境学習にも貢献しています。
当事業所は、これらの緑化・植林といった地球環境の改善や地球温暖化防止活動を応援しています。
22-1 22-2

「チーム・マイナス6%」登録申込完了しました。

「チーム・マイナス6%」の参加申請をしていましたが、無事登録完了の案内が届きました。
これからは、栃木工場内の各所に6つのアクションに関する案内を設置したり、まずは一人一人が小さなアクションを起こせるような環境作りを進めていきたいと考えています。
20-1 20-2

地球温暖化防止運動「チーム・マイナス6%」参加申請中

環境保全活動として、またCSR(企業の社会的責任)活動の一つとして「チーム・マイナス6%」に参加することになりました。
「チーム・マイナス6%」とは、地球温暖化防止の呼びかけに応じて「みんなで出来ることから始めよう♪」という活動です。これを実現するための国民的なプロジェクト、それが「チーム・マイナス6%」です。
~環境省「チーム・マイナス6%」ホームページより~